知らなければ損!住宅ローンの残金と売却価格との関係で納税額が変化する

>

制度の除外もある為、除外のケースを知ろう

この記事をシェアする

所得が多い場合、売買面積が広い場合は除外

そもそも、この特例及び減税の趣旨を考えれば、当然の事だと思います。
年間所得が3000万円を超過する場合は、繰り越し損益及び譲渡損失等の減税の特例は受けられません。
つまり、高所得者は特例除外ということになります。
もちろん、何らかの理由で単年のみ3000万円の年間所得だった場合は、それ以外の年には特例は受けられます。
それぞれ計算式がありますので、土地及び家屋の売買時に携わった不動産関係者もしくは税の専門家へ詳細内容は相談することをお勧めします。

また、売買する土地が500平方メートル以上の場合、この特例が適応されるのは500平方メートルまででそれ以上の広さの部分は適応外となります。
現金化云々というより、土地にはそれだけ高額な価値が法律上でつけられているのがよくわかる制度ですね。

売買の関係性でも適応除外となる

この土地及び家屋の売買契約の関係は、親子等の特別な関係だった場合には、この特例は適応除外となります。

確かに、これも少し考えれば理解ができます。
多くの土地や建物を所有している方々は、この特例がなかったら酷く税金が控除為れるのではないでしょうか。
つまり親子や親戚等で売買を繰り返し、税金等の減免が受けられるのであれば、土地や家屋を多く持っているものだけが良い思いをすることにつながる可能性が高いからです。

法律や制度には、ほとんどのものに適応外等ありますが、これも制度の本質を考えれば当然のことでしょう。
なかなかこのような制度等については、宣伝等も見ないため、知る機会が少ないのが現状です。
善良な市民は、ある程度の救済を目的とした制度があることを知る事と活用することが大切ですね。