知らなければ損!住宅ローンの残金と売却価格との関係で納税額が変化する

>

税金等の無料相談を活用し、減税を考えよう

この記事をシェアする

譲渡損失と損益通算

簡単に説明すると、8000万円で購入した物件をローンが4000万円残っているにも関わらず売却しなければいけなくなったが、2000万円でしか売れなかった場合、2000万円の赤字になってしまいますね。
この2000万円が譲渡損失です。
この2000万円に所得収入や所得税等を加味して計算したものが、損益通算となります。

この損益で赤字が出ている場合、確定申告を行って、還付を受け取れる制度があります。
申請を出来る用件については様々ありますが、ローンが残ったままの大変な状態での救済してくれる制度があることは嬉しいですよね。
いずれの制度も申請主義とって、自ら申請しなければ還付金がないものですので、しっかり自分で申請の心構えをしておくと良いでしょう。

適応の条件とは

適応の条件はいくつかあります。

住宅ローンが10年以上残っていること。
自分名義の所有物件であること。
居住をしてから5年以上経過しているもの。
もし、住んでいない物件なら住まなくなって3年以内のもの。
等、様々な条件があります。
そして、私は当たり前だろうけどなるほど、と感じたのは
日本の物件であること、という条件です。

この条件はもう少し申請等の年月日等や、その他住の居の年月日等に詳細な内容が書かれてあるのですが、ある程度の経済的困難な事例に対して、国は何らかの方法で手助けする事を考えているのだな、と安心できます。
実際の計算式等を、法律や税率等に明るくない場合には、無料相談や売買契約をお願い使用としている不動産関係者に相談することをお勧めします。